時代があって記憶が変わる高槻の出会い

(シャーリーン)

─────────────

私がまだ幼児だった80年代初頭
小さなアパートで私はn
母がこれを流していたのは遠い記憶です。

ベッドタウンである高槻にはどんな出会いがあるのか?調査

関東で出るまで
私は父の存在をよく知りませんでした。

私の父は移民労働者として長い間家を離れていました
たまに戻ってきます。

高槻の出会い時代を偲んで、
父親は一人だけです。

さっぽろ雪まつりと宗谷岬
サロマ湖、摩周湖、クマ牧場..。
私は父と私の写真を持っています
での父の思い出は1つだけです。高槻の出会い

小さな部屋で西洋音楽をたくさん演奏する母と
レコード店で遊ぶ
60年代初頭と80年代の西洋音楽を思い出しました。

*「岡山、これしてください」

母「ミッシェル・ポルナレフ」

*「つま先まで」
トーマシェリーマルシェリ」

母「私もこれが好き」

*「岡山
ローレンローレンお願いします

母「いや、生皮
おと山と馬は相性がいい
オカシャンはこの歌が嫌いです。 「」

*「岡山、これもやってください」

母「終わりを聞かないで
すぐに交換したいところがあります高槻の出会い
まるで老人のようです。 「」

ローハイドの「ローレン・ローレン」
それは私の父についての古い記憶として残っています。

私が牧場に連れて行かれたとき
父と一緒に馬に乗った思い出。高槻の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です