梅田では毎日出会いを行なったようです

梅田はまだ若い父親を癌で亡くしていたようで、母親は毎日落ち込んで心配していたようです。

母親を励ますために、
梅田がヨシヒロの言葉を言った時には二人が行ったようです。

父も愛していたよしひろを訪問しました。

梅田 出会い

涼花の有名な歌の歌に

「はてみ

何を残す

春は花です

梅田の季節

秋はモミの葉です」

(歌1463)

ヨシヒロは死後の思想の産物であり、
残すものは何もありません。

しかし、春になると梅と桜が咲き、夏にはホトギチスの声が聞こえます。