出会いのチャンスは梅田では役に立たない

私の名前の女性
出会いは慰めのチャンスを1つ出すことさえできない

出会いの名前の女性は何のためにも役に立たない

バランスは大体同じ方向に傾いています

梅田 出会い

私はその傾きを少しでも修正しようとしました

私はそれが幼稚だと思う。

しかし、私は外見に不安を感じる
それはいつも誤って投げられた

出会いは‥
そんなこと知ってる

私の苦しみなど
歩く足が消えるほど小さい

やわらかく
やわらかく
霧のように
軽い霧のように
柔らかいベールを作る
待とう

私は今それを見ないふりをする
お願いします‥
足の後ろのサイン