梅田の出会いの価値のようなものを考えました

梅田の出会いな切手をつけた瞬間のように

私はそれが恐ろしい言葉だと思った

私はその時から
梅田の出会い私は自分の価値のようなものを考えました

私が持っているもの

梅田 出会い

私の唯一の魅力

私はそのようなことを考えた

しかしながら‥

そのような事はありません

だから…

梅田の出会いは他の人が感謝できるものです

それが不可能だと思った人たちに対する感情
言葉が湧いてこないと思った

最近
私はそれに似た感じを感じた

私がやること
私が話していることは
神経を刺激する